ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

Fireworks感覚で操作できる『Affinity Designer』が便利


スポンサーリンク

 

基本的にブログ記事は、なるべく予備知識の少ない方でも読みやすいように書こうと思っていますが、今回は例外です。

 

先日、Corel社のPainter Essentials 5を含むPaintShop Pro 2018を購入しました。

 

mini-mono.hatenablog.com

しかしながら、Macromedia社時代からFireworksの操作に慣れているので、絵を描く場面では操作に違和感があります。今回、新たに購入したSerif Europe社のAffinity Designerが、とても操作感がよかったので、いくつか紹介を…。

 

インストールしたパソコンは、2015年に買ったものですが、OS:Windows 10、CPU:Core i7 6700、メモリ:16GB、SSD:240GB、HDD:3TB、GPU: GeForce GTX960 2GBというスペック。Affinity Designerのバージョンは、1.6.4です。

 

mm単位でドキュメントが指定できる

ミニチュアを製作していると、mm単位でのドキュメントの指定は重要な要素になります。もちろんAffinity Designerは対応です。

 

f:id:mini-mono:20180410093713p:plain

 

CMYKの取り扱いが可能

これはFireworkでは、できなかった要素ですね。カラーフォーマットに、CMYKがあります。

 

f:id:mini-mono:20180410093923p:plain

 

 レイヤーの操作感が似ている

Fireworksでは、レイヤーがフォルダ感覚で管理できました。

 

f:id:mini-mono:20180410100201p:plain

 

Affinity DesignerもFireworksに近い感覚で管理できます。レイヤーのロックも可能です。

 

f:id:mini-mono:20180410100308p:plain

 

塗りの適用

オブジェクトの内側と外側に塗りを適用するのも、Fireworksは簡単でした。

 

f:id:mini-mono:20180410100433p:plain

 

たとえば内側は赤、外側は黒といった指定が楽にできます。Affinity Designerも似たような感覚で操作可能です。

 

f:id:mini-mono:20180410100617p:plain

 

ドキュメントの大きさを途中から変更可能

この機能も大きいですね。特にミニチュアのパッケージを作る場合、表の面から作成し、側面や裏面を展開するときに、カンバスのサイズや基準位置が指定・変更できるFireworksは便利でした。

 

f:id:mini-mono:20180410100934p:plain

 

Affinity Designerも同様の操作が可能です。

 

f:id:mini-mono:20180410101011p:plain

 

図形ツールが豊富

これはFireworksより便利かもしれません。Affinity Designerは、図形ツールが充実しています。

f:id:mini-mono:20180410101150p:plain

 

しかしながら、Fireworksよりも劣る点もいくつか…。

 

フォントが多いと起動が遅い

フォントを入れ過ぎているのが悪いのですが、Affinity Designerを起ち上げるのに20秒くらいかかります。

 

縦書きに非対応

フォントの縦書きに非対応なのは不便ですね。

f:id:mini-mono:20180410101532p:plain

 

日本語フォントの表記がわかりにくい

基本的には、和文フォントは英名表記になるので、わかりにくいかもしれません。

 

f:id:mini-mono:20180410101650p:plain

 

しかしながら、フォントをお気に入りで管理できるのは嬉しいポイントです。(Fireworksも拡張機能で似たことができますが…。)

 

f:id:mini-mono:20180410101839p:plain

 

まだまだ紹介したい要素はあるのですが、今回はここまで。

 

Affinity Designerは、定価が6000円ほどですが、かなりコストパフォーマンスは高いソフトウェアだと思います。ダウンロード販売なので、家電量販店などで見かけることはありませんが、日本だとソースネクスト社からも購入可能です。

 

Serif Affinity Designer for PC

 

公式サイトからは、10日間の無料試用版のダウンロードもできます。

 

登録して、Affinity Designer無料試用版をダウンロード