ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

パソコンで絵を描くソフトを探しています


スポンサーリンク

 

f:id:mini-mono:20180320145325j:plain

 

現在、パソコンで絵が描けるソフトウェアを探しています。本格的な絵画やイラストを描くわけでなく、ミニチュア製作をしているので、食品のパッケージやチラシなどが作成できれば問題ありません。

 

私が使っているソフトは、すでに開発が終了したソフトなので、その後継となるようなソフトを探しています。

 

作成例:ミニチュアのチラシ

f:id:mini-mono:20180320145906j:plain

 

希望は…

  1. 透過PNG形式やBMP形式で出力できる
  2. キャンバスがmm単位で指定できる
  3. CMYKが扱える
  4. 図形ツールが豊富
  5. サブスクリプションでなく買い切り

などでしょうか。

 

持続性などを考えると、無料よりも有料ソフトが望ましいです。(ずっと有料のソフトを使っていたので、無料のソフトだと過不足を感じるという側面もあります。)ですから、Amazonや家電量販店で購入できるソフトというのも条件かもしれません。

 

いくつか候補を絞りました。(価格は、記事執筆時点でのAmazon価格を参照しています。)

 

Photoshop Elements

 この分野の世界的な代表ソフト『Photoshop』の廉価版。厳密には、フォトレタッチソフトというジャンルになるんでしょうけど、ミニチュアのパッケージやチラシ程度なら問題なく作成できますね。記事執筆時点での価格は、Amazonで約1万3千円

 

インターネット上の情報や、教本も充実しているのも魅力的。学生や教職員向けの比較的安価なアカデミック版も存在します。

 

動画編集ソフトを持っていなくて、動画編集ソフトも欲しい方は、動画編集ソフト『Premiere』の廉価版もセット(約1万8千円)になった以下もおすすめです。

 

 

PaintShop PRO

 個人的には、アドビ社のPhotoshopと双璧をなすのが、コーレル社のPaintShopです。価格は約1万5千円

 

Ultimate版だと、ペイント系ソフトPainterの廉価版『Painter Essentials』も付属するようです。

 

世界的には老舗かつ著名なソフトにも関わらず、日本では絵を描くソフトとして、PaintShopをおすすめしている記事は、ほとんど見かけません。教本も少ないです。良いソフトなのは間違いないのですが…。

 

ちなみに、『Painter Essentials 6』が登場したので、旧『Painter Essentials  5』は、単体価格が非常に安くなっています。(約3千円。アカデミック版だと約2千円!)

 

 

CLIP STUDIO PAINT PRO

 現在、日本で絵を描くソフトの代表と言えば、この『CLIP STUDIO PAINT』でしょうか。ペンタブレットを使って、イラストや漫画を描くのに適しているようです。PRO版の他に、より漫画を描く機能が強化されたEX版もあるようですが、ミニチュアのパッケージ制作であれば、PROで充分でしょう。

 

ネット上の情報や教本も充実していて、比較的に安価(約6千円)なのも人気の秘密かもしれません。

 

openCanvas

 

 こちらも人気の高いソフトですね。現在のバージョンは、『openCanvas 6』。

 

CLIP STUDIO PAINTよりもさらに安価(約4千円)です。残念ながらCMYK(印刷向けのカラー)には対応していないようですが、絵を描く機能は充分でしょう。

 

 ペンタブレットを使われたい方は、『CLIP STUDIO PAINT』か『opneCanvas』がよいかと思います。個人的には、使っているPhotoshopのバージョンも古くなっているので、近日中に『PaintShop Pro』に買い替えるかもしれません。