読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

ミニルーターの選び方


スポンサーリンク

ミニルーターの選び方。

 

ミニチュア製作の電動工具と言えば、ミニルーターが筆頭でしょうか。木材や金属、プラスチック、レジンなどの切削や研磨などに活躍するモーターツールです。

 

先端工具(ビット)を付け替えることによって、穴開けなどの作業も可能になります。

 

私が使っているのは、以下のミニルーターです。

 

f:id:mini-mono:20160930003429j:plain

 

Mr.Meister 小型ペンタイプツール PT-αⅡ。

 

 

まず、このミニルーターを選んだ1番の理由は軽さです。

 

重いミニルーターは、長い時間作業をすると、腕や肩などに負担がかかります。このミニルーターは、自重が約79グラムと軽量です。

 

f:id:mini-mono:20160930003434j:plain

 

2番目は、回転速度の調整が可能なこと。ミニルーター本体に、電源スイッチも兼ねた、回転速度調整のダイアルが付いています。

 

場合によっては、逆回転機能なども付いている機種だと便利かもしれませんね。(特に左利きの方などは…。)

 

f:id:mini-mono:20160930003435j:plain

 

3番目は、先端工具の取り付けがドリルチャックであること。

 

ドリルチャック式だと、使用できる先端工具の幅が広がります。

 

↓ドリルチャックを狭めた場合です。

f:id:mini-mono:20160930003437j:plain

 

↓ドリルチャックを広げた場合。

f:id:mini-mono:20160930003427j:plain

 

穴の大きさが変わっていることがわかるでしょうか。

 

これにより、以下のような3mm軸の先端工具も利用できますし…。

 

軸径2.3mmの、以下のような先端工具も利用可能です。

 

先端の挿し込み口が固定のタイプだと、使用できる工具の数は少なくなります。たとえば、軸径が2.35mm固定の機種であれば、上記の3mm径のビットは、挿し込みできませんし、2.3mm径のビットだと、ゆるくて使いものになりません。

 

あとは、定格使用時間など、他に選定の要素はあるのですが、上記の3つだけでも念頭に置いていただくとよいかもしれません。

 

いろいろとオプション品のバリエーションや、メーカーの信頼性などを考慮すると、プロクソン社のミニルーター(No.28512)が1番無難だと思います。