ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

分冊百科の『樹脂粘土でつくるミニチュアフード』創刊号を購入


スポンサーリンク

f:id:mini-mono:20190225193729j:plain

 

アシェット・コレクションズ・ジャパンより発売された『樹脂粘土でつくるミニチュアフード』の創刊号を購入。

 

ネット通販で予約していたので、2/21には届いていたのですが…、開封が遅くなってしまいました。創刊号は299円。すでに、ブログやSNS上で話題になっていますね。

 

昨年2018年に一部地域で販売されていた『樹脂粘土でつくるミニチュアフード』ですが、2019年2月20日より、めでたく全国展開となりました。

 


樹脂粘土でつくる ミニチュアフード - 【アシェット・コレクションズ・ジャパン】

創刊号は、粘土を測るスケール・筆・絵の具5種・樹脂粘土・ベビーパウダー・ベーキングパウダーと付属品が豊富です。

f:id:mini-mono:20190225194533j:plain

特に付属している粘土は、グレイスという樹脂粘土ですが、街の手芸屋さんなどで買うと、200gで1200円ほど。

f:id:mini-mono:20190225194952j:plain

 『樹脂粘土でつくるミニチュアフード』に付属のグレイスは、パッケージ込みの重さで約18g。これだけで100円くらいですかね。創刊号の299円は破格だと思います。

 

余談ですが、開封した樹脂粘土の保管方法は、手前味噌で恐縮ですが、以下の私の別サイトのページが参考になれば…。

www.mini-mono.net

創刊号はミニチュアのクロワッサン作りですが、作り方動画も公開されています。YouTubeの動画でアップされているので、このブログ記事に貼り付けようかと思ったのですが、限定公開のようでしたので、アシェットの公式ページから、リンクをたどった方がよいでしょうか。

mini-food.jp

個人的には、このような分冊百科のシリーズで、ミニチュアフードが題材になるのは感慨深いものがあります。しかし予定されている全120巻を揃えるとなると、金額にして約12万円。あくまで個人的な感想ですが、割高感があるのは否めません。

 

この『樹脂粘土でつくるミニチュアフード』を監修されているのは、ミニチュアフードの著作だけでも、何冊も出版されている関口真優さんです。

 

樹脂粘土とベーキングパウダー、電子レンジを使ってミニチュアパンを作る手法は、以下の関口真優さんの本にて紹介されています。

 

 ミニチュアフードに本格的に挑戦されたい方は、入門書を数冊読んで、道具と材料を揃えられたほうがよいかもしれません。

 

気軽に挑戦してみるという点では、こういった分冊百科がお薦めです。ネット通販では、すでに売り切れやプレミアム価格で販売になっているので、創刊号(299円)を書店で見かけられたら、買ってみてはいかがでしょうか。