ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

ミニチュアのカツ丼や海鮮丼がプラモデルに!『フィギュアのごはんVol.1』


スポンサーリンク

f:id:mini-mono:20190107180714j:plain

 

注文していたプラモデルが届きました。

 

f:id:mini-mono:20190107180745j:plain

 

エムアイシー社から販売されている『フィギュアのごはんVol.1』です。

食材パーツ表。

f:id:mini-mono:20190107180914j:plain

 

食材パーツ裏。

f:id:mini-mono:20190107180936j:plain

 

丼パーツ表。

f:id:mini-mono:20190107180957j:plain

 

丼パーツ裏。

f:id:mini-mono:20190107181022j:plain

 

どんぶりのプラモデルパーツを見るのは、フーテンの寅さんの啖呵売シリーズ以来かも。

 

ちなみに、プラモデルでは「ランナー」や「ゲート」という用語があるのですが、以下の図をご参考に…。

 

f:id:mini-mono:20190107181418p:plain

説明書。

f:id:mini-mono:20190107181448j:plain

 

『フィギュアのごはんVol.1』は、接着剤が不要な(いわゆる「スナップフィット」の)プラモなのですが、Amazonレビューでも指摘の通り、少し接合面が緩いので、フィギュアで遊ぶには接着が必要かもしれません。

 

『フィギュアのごはんVol.1』の素材はABS樹脂。接合には、ABS樹脂用の接着剤を使うのが王道でしょう。

モデラー(プラモデル製作者)の方々には、邪道と言われそうなのですが…、接着剤を使わずに接合する方法を2つほど紹介したいと思います。

 

1つ目の例は、祝い鯛パーツで説明しましょう。

 

f:id:mini-mono:20190107182243j:plain

 

皿のパーツと鯛のパーツの接合面に、細く切ったマスキングテープを貼ります。

 

f:id:mini-mono:20190107182358j:plain

 

マスキングテープの上に、両面テープを貼りましょう。

 

パーツを合体させると完成です。

 

f:id:mini-mono:20190107182503j:plain

どんぶりパーツは、以下のような構造。
 

f:id:mini-mono:20190107182636j:plain

パーツを合わせると丼が完成します。
 

f:id:mini-mono:20190107182729j:plain

 

これも、以下のようにマスキングテープで固定する方法が簡単でしょうか。

 

f:id:mini-mono:20190107182828j:plain

次に、2つ目の接合方法を紹介します。以下のように突起部分(ダボ)にマスキングテープを巻いて、ダボを太らせる方法です。
 

f:id:mini-mono:20190107183006j:plain

 

割と強力にはまるので、少々の衝撃では外れなくなると思います。(ポリキャップ登場以前の、ガンプラの伝統的な関節パーツの補修手法ですね!)

 

ちなみに丼の直径は約2cm。

f:id:mini-mono:20190107183338j:plain

 

標準的なドールハウスの縮尺である1/12スケールで考えると、実寸は直径24cmの丼になるので、やや大きいサイズ感ではありますね。なお、丼は合計6個あるので、2個あまります。(あまった丼パーツの流用方法も、余力があれば後日公開したいと思ってますが…。)

 

以下に、祝い鯛以外の完成品を紹介。

 

うな丼。

f:id:mini-mono:20190107183630j:plain

 

海鮮丼。

f:id:mini-mono:20190107183650j:plain

 

天丼。

f:id:mini-mono:20190107183711j:plain

カツ丼。

f:id:mini-mono:20190107183740j:plain

 

焼き鳥盛り合わせ。

f:id:mini-mono:20190107183819j:plain

アップ写真で見ると、印刷の粒状感がありますが、肉眼では非常にリアルな感じがします。今のプラモデルって凄い…、と感心するレベルです。

 

工作としては、薄刃のニッパーを使うほうがストレスがないでしょうか。丼や鯛の尾を切り離すには、100円ショップで売っているようなニッパーでは、うまくキレイに切り離すことができないかもしれません。

 

 

ちなみに、フィギュアのごはんシリーズは、Vol.2の発売も決定しているようです。

 

Vol.2の焼魚群も楽しみですね。