ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

【期間限定予定記事】ミニチュアかけうどんの作り方


スポンサーリンク

 

※この記事は公開期間を限定する予定です。

 

難易度:★★☆

製作時間:約15分(乾燥・硬化時間をのぞく)

 

今回使う100均アイテムは以下に。

 

ダイソーの樹脂粘土(ホワイト)

 

ダイソーのスタンプ消しゴム。

f:id:mini-mono:20170817235527j:plain

 

セリアの造花(マムワイヤー和モダン)。

f:id:mini-mono:20170817235650j:plain

 

セリアのカラーUVレジン(クリアアンバー)。

f:id:mini-mono:20170817235804j:plain

 

ダイソーの白い樹脂粘土を1.5ミリ厚くらいに伸ばします。

 

f:id:mini-mono:20170818000100j:plain

 

ダイソーの消しゴムを用意。

 

f:id:mini-mono:20170818000212j:plain

 

消しゴムをカッターで切って、かまぼこを作ります。

 

f:id:mini-mono:20170818000253j:plain

 

セリアの造花のワイヤーから、ビニール被膜を取り出しましょう。ビニール被膜に切り込みをいれて引っ張るとよいかもしれません。

 

f:id:mini-mono:20170818000807j:plain

 

ビニール被膜を切り出すとネギになります。

 

f:id:mini-mono:20170818001006j:plain

 

完全に乾燥する前に、伸ばした粘土をカットしましょう。完全乾燥すると曲げることができなくなりますので…。

 

f:id:mini-mono:20170818001456j:plain

 

切った粘土を器に盛り付けます。

 

f:id:mini-mono:20170818001709j:plain

 

器の作り方は、【期間限定予定記事】ミニチュアのお皿の作り方 - ミニものブログをご参照ください。

 

セリアのUVレジン液を少しずつ注入して、太陽光や紫外線ランプで硬化させてスープを作ります。

 

f:id:mini-mono:20170818002242j:plain

 

 最後に、具材にも少量のレジン液をつけて盛り付け、硬化させるとミニチュアかけうどんの完成です。

 

f:id:mini-mono:20170818002504j:plain

 

器をダイソーの缶スプレーで塗装し、麺の部分を変更すると「かけそば」なども作製できます。

f:id:mini-mono:20170903024115j:plain