読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニものブログ

ミニチュアを作っています!

クレジットカードと電子マネーがスマホ決済できる『Airペイ』


スポンサーリンク

 

モバイル決済の『Airペイ』に関して、備忘録も兼ねて…。

 

目次

 

モバイル決済とは?

 

スマートフォンやタブレット端末などを利用する決済を『モバイル決済』と呼ぶようです。代表的なモバイル決済としては、『Airペイ』の他に『楽天ペイ』や『Square(スクエア)』などがあります。

 

実は、私は『Square(スクエア)』用の端末を持っていまして、私のスマホをレジにして、クレジットカードでのお会計が可能です。

 

モバイル決済を導入した背景としては、ミニチュアの展示会などで、ミニチュア作品の販売時に、クレジットカードで会計ができれば便利かな…と。あとは、将来的にミニチュア教室も開きたいと思っていましたので、教室のレッスン料をカード支払いできるようになれば、それも便利かと思いまして…。

 

『Airペイ』とは?

 

リクルート社の運営するモバイル決済サービスです。YouTubeにも紹介ムービーがアップされています。

 

www.youtube.com

 

Airペイは電子マネー決済も可能

 

私の知る限り、現時点で電子マネー決済ができるモバイル決済は『Airペイ』だけです。これは『Airペイ』の強みでしょう。以下に手数料の料率表を…。

 

f:id:mini-mono:20170409072436p:plain

Airペイとは|リクルートのクレジットカード・電子マネー決済サービスより

 

VISA、Master、アメックスの決済手数料は3.24%。JCB、ダイナース、ディスカバーで3.74%です。

 

ちなみに、私の持っている『Square(スクエア)』は、VISA、Master、アメックスのみで、手数料は3.25%。

 

『Airペイ』は、他に電子マネー決済ができるので、モバイル決済サービスの中では、利便性は突出しています。(ただし、交通系電子マネー決済は、利用条件のハードルが高いかも…。)

 

Airペイ利用にはiPhoneかiPadが必須

 

支払い方法にApple Payがあるので、仕方がない面もあるかもしれませんが、『Airペイ』利用にはiPnoneもしくはiPadが必要です。Android端末は不可。また、iOSのレジアプリをインストールする必要もあります。

 

カードリーダー代は19800円(実質0円キャンペーンあり)

 

モバイル決済を行う端末代は19800円。個人が利用するには高額な感じですが、実質0円キャンペーンを実施しています。

 

 

 交通系電子マネー利用はWi-Fiとプリンターが必須

 

交通系の電子マネー利用には、Wi-Fiとプリンターが必須です。携帯電話回線やフリーのWi-Fi(公衆無線LAN)は利用できません。

 

あと、レシートプリンターも必要なので、個人ではハードルが高いでしょうか。

 

 

Amazonを見ると3万5千円くらいしますね。自宅でネイルサロンや料理教室を開くといった本格的な起業をされる方であれば、設備投資の一環かもしれませんけど。

 

Airペイの入金サイクルは?

 

モバイル決済サービス利用者にとって、いつお金が振り込まれるのか?は重要でしょう。『Airペイ』の場合、振込手数料は無料で、月3回の入金サイクルになっています。

 

ただし、振込指定口座が、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の場合、振込回数は最大で月6回なので、『Airペイ』を利用する場合、これらのメガバンクの口座を使うほうが有利でしょう。

 

ちなみに、残念ながら、ゆうちょ銀行は利用できません。

 

『Airペイ』の場合、決済方法が豊富なせいもあるのでしょうが、導入までには1~2週間ほどの審査がかかるようです。すぐに導入したい場合には不向きででしょうか。申し込む場合は、その辺りの時間も考慮しておくほうがよいかもしれません。

 

カードも電子マネーも使えるおトクな決済サービスAirPAY